Food Testing

食品検査分野 − 遺伝子組換えダイズ検査

Non-GMダイズ確認検査

原材料または加工食品中に含まれる遺伝子組み換え作物の有無を確認します。
政府公表法で対象としているGMダイズ3品種(RRS, LLS, RR2Y)に加えて、さらに10品種を幅広く検出します。

GMダイズが混入していないかどうかを、幅広い品種を対象に検査することで「遺伝子組換えでない」との表示を
2023年4月の新食品表示基準施行後も使用して問題ないかどうかをチェックすることができます。

対応品種 13品種(RRS、LLS、RR2Y含む)、従来の3品種の場合のみでも対応可
検査方法等 定性検査
分析用途例 遺伝子組換え食品表示の適正確認/原材料・加工品に対するGMダイズの混入検査
検査料金 13品種の場合 原料:税抜45,000円 加工品:税抜50,000円

3品種の場合   原料:税抜17,000円 加工品:税抜18,000円

報告納期 検体の弊社到着後、4営業日程度